読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わさび唐辛子

いざという時のための備忘録

【Scala】Play2の導入

今までScala+Webで何をしたらいいのかわからなかったけど、目的が見つかったのでPostgreSQLの勉強と並行でお勉強。

ScalaでWebといえば、Play2 Framework。

 

ということで、導入

今時点の最新版は2.3.8。

ダウンロードは本家サイトから。

https://www.playframework.com/download

f:id:louvre24:20150225230839j:plain

 

http://downloads.typesafe.com/typesafe-activator/1.2.12/typesafe-activator-1.2.12-minimal.zip

ファイル名のバージョンは『1.2.12』となっているけど、Play2は2.3からActivatorなるものを使うようになっており、そのバージョンが1.2.12らしい。

 

zipを解凍したら任意の場所に格納。

activator-1.2.12-minimalフォルダは環境変数に追加しておく。

これで導入は完了。

 

アプリケーションの作成

アプリケーションの作成は、以下の手順。

テンプレートには「play-scala」、アプリ名は「skillApp」を入力。

C:\play>activator new

Fetching the latest list of templates...

Browse the list of templates: http://typesafe.com/activator/templates
Choose from these featured templates or enter a template name:
1) minimal-akka-java-seed
2) minimal-akka-scala-seed
3) minimal-java
4) minimal-scala
5) play-java
6) play-scala
(hit tab to see a list of all templates)
> play-scala
Enter a name for your application (just press enter for 'play-scala')
> skillApp
OK, application "skillApp" is being created using the "play-scala" template.

To run "skillApp" from the command line, "cd skillApp" then:
C:\play\skillApp/activator run

To run the test for "skillApp" from the command line, "cd skillApp" then:
C:\play\skillApp/activator test

To run the Activator UI for "skillApp" from the command line, "cd skillApp" then:
C:\play\skillApp/activator ui

すると、実行ディレクトリにskillAppディレクトリが作成される。

これでアプリケーションの作成も完了。

簡単!!!

 

 DBに接続するためのORマッパー的なものも必要となるので導入。

デフォルトではAnornが入るようになっているみたいだけど、

Typesafe印のSlickを導入。

 

skillApp直下のbuild.sbtを以下のように編集。

 

[編集前]

name := """skillApp"""

version := "1.0-SNAPSHOT"

lazy val root = (project in file(".")).enablePlugins(PlayScala)

scalaVersion := "2.11.1"

libraryDependencies ++= Seq(
  jdbc,
  anorm,
  cache,
  ws
)

[編集後]

name := """skillApp"""

version := "1.0-SNAPSHOT"

lazy val root = (project in file(".")).enablePlugins(PlayScala)

scalaVersion := "2.11.1"

libraryDependencies ++= Seq(
  jdbc,
  "com.typesafe.slick" %% "slick" % "2.1.0-M2",
  cache,
  ws
)

com.typesafe.slickの後ろの"%%"で%を二つ重ねているのは、これによって自動的にScalaのバージョンを補完してくれるようになる。

 

 Intellijにインポート

File > Import Project

f:id:louvre24:20150225234948j:plain

あとは道なりに。

f:id:louvre24:20150225235051j:plain

f:id:louvre24:20150225235058j:plain

 

この後30分ほどして完了。

何でこんなにかかるんだ!?多分何か余計な設定しているんやろな・・・

 

で、本来であればここからPlay2のプラグインを入れて、、、

という流れのつもりだったけど、上記待ち時間中に調べ物していたら

 ・IntellijでのPlay2開発はUltimate Editionのみ対応している

という衝撃の事実を知る・・・

 

IDEEclipseを使用する方針に切り替えることを余議なくされた時点で、今日は心が折れたので続きはまた近日。

広告を非表示にする