読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わさび唐辛子

いざという時のための備忘録

【Java】Mavenのgoal

goalの設定値

 

・mvn compile

 target/classes 配下にjavaコンパイルした.classファイルを作成。

 

・mvn test-compile

 target/test-classes 配下にコンパイルしたテスト用.classファイルを作成。

 

・mvn test

 mvn compileとmvn test-compileに加えて、

 target/surefire-reports 配下にテスト結果を作成。

  ※mavenデフォルトのテストツールJUnit

 

・mvn package

 mvn testに加えて、

 target 配下にjarファイルを作成し、

 target/maven-archiver 配下にpom.propertiesを作成。

 

・mvn clean

 target ディレクトリを削除。

 「compile」「test-compile」「test」「package」等を実行する前には実行する必要がある。

 

・mvn install

 作成した成果物(jarファイル)をローカルのmavenリポジトリに配備する。

 具体的なパスは、例えばrootユーザで実行した場合は

  /root/.m2/repository/com/mycompany/app/my-app/1.0-SNAPSHOT/

 配下にjarやxmlファイルを展開してくれる。

 

・mvn archetype:generate

 指定できる主なオプションは以下のとおり。

  -DarchetypeGroupId・・・作成するプロジェクトの元となるarchetypeを入力

  -DgroupId・・・パッケージ名を入力

  -DartifactId・・・プロジェクト名を入力

 groupIdやartifactIdは任意の値を入力することができる。

 archetypeGroupIdに関してはMavenCentralで公開されているarchetypeGroupIdを指定。

 省略した場合はプロジェクトを作成する時に、どのarchetypeGroupIdを使用するか選択することができる。

 一覧が出てきて番号を入力することでarchetypeGroupIdを選択することができる。

 

・mvn site

 pom.xmlをもとにプロジェクトの情報をHTML形式に出力する。

 現在使用しているプラグイン読み込んでいるjarファイルの一覧等が確認できる。

 

・mvn idea:idea

 InteliJ形式のフォルダ構成に変換してくれる。

 my-app.iml, my-app.ipr, my-app.iwsを作成してくれる。

 

・mvn eclipse:eclipse

 Eclipse形式のフォルダ構成に変換してくれる。

 .classpath, .projectを作成してくれる。

広告を非表示にする